スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
沢田マンションの歴史 1990-2000年代
nakagawa1.gif
引き続き、90年代以降の沢マンを追ってみると・・・

nakagawa2.gif

1989年
32号、小学校卒業式。上の写真は当時のもので、下の写真は2002年に再撮影したもの。当時はまだリフトもなく、テラスの植栽も設けられていない。スロープも右側からのぼるようになっていた。

1991年
作業用リフトが完成。重さ2トンまで大丈夫。軽自動車ものせることが可能といわれる。スピードは歩くよりも遅い。

1992年
1月6日5階沢田家全焼。でもほとんどくじけることなく再建にとりかかる。
悔やまれるのはこれ以前の沢マンに関する資料の焼失。

1994年
改修工事により各テラスの花壇が完成し、「陰翳礼讃」とでもいうべき美しいフォルムを持つ沢田マンションへ変貌。
また、この頃は「沢田民宿」を経営しており、以後98年まで営業を実施。
現在はウィークリーマンションという形で部屋貸が継続中。

1996年
沢田マンションを10階建てにするにあたっての建築確認更新書を提出。確認通知書を受け取り。

1998年
4階にプール設置の計画が持ち上がる。しかし、間もなく孫がバスを釣りたいという一言で25坪の釣り堀に変更。
9月24日には高知豪雨で一帯も冠水。地下室も水没し、油が付近の田園に流出する事故を起こした。
rain.gif


2000年
83号室に西山氏が入室。近年の沢マンへの若手住人入居への礎をつくる(2002年退去)。

2002年
この年、沢マンブームの火付け役となった27号永野氏が入居(2005年退去)したほか、現18号(当時56号)のタケムラ、現11号(当時5-5号→91号)の11w、16(当時5号)などが入居。
6月には第一回沢田マンション祭りが開催され、140名もの客を招き入れる。
9月には「沢田マンション物語」が出版され、日本各地で注目を集めるが、発行同日建築指導が高知市より入る皮肉な出来事も。
10月30日からは高知市のギャラリーgraffitiにて「沢田マンション展」を開催し、11月には沢田マンション秋祭りを開催。人数限定の予約制で行なった沢マンツアーには130名以上の来客があった。

2003年
3月16日 沢田嘉農さん、逝去。
沢マン住人同士のコミュニティが最も活発だった時期で、夏は沖縄那覇の月光荘の雨柊さんや広島からあちょう氏(現住人)などが相次いで来マンし、連日盛大な飲み会が催されていた。

2005年
「高知遺産」で沢田マンションを紹介。

2006年
沢田マンション内にカフェがオープン(予定)。ART NPO TACOの事務所も設置される。
スポンサーサイト
【2005/12/30 17:32 】 | 沢マンまめ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<沢田マンションQ&A | ホーム | 沢田マンションの歴史 1970-80年代>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sawaman.blog44.fc2.com/tb.php/38-f6b65c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。