スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
沢田マンションのあらまし
kuusatu.jpg

沢田マンションは、「100世帯あるマンション」を目指して1971年から沢田嘉農・裕江夫妻によって建設が進められた「手作りマンション」。工事は西から三期にわけて行われ、1985年までに現在の骨格が竣工しました。
1990年代には次女と三女の娘婿、守也と稔恵を迎え、以後改修と小規模な増築を続けていきます。


沢マンが大きく変化したのは、今や市内有数の小売店舗街道となった県道北環状線の建設が本格化した90年代後半。
道路からの目隠しを兼ねて緑のテラスが南面全面に設けられ、鉄骨とコンクリートがむき出しの「武骨」な容姿から、深い庇が印象的な陰影の見事な「色気」ある容姿へと変貌しました。都築響一さんの「珍日本紀行」で写っている沢マンは、この過渡期の貴重な写真です。

また、沢田嘉農さん亡き後(2003年3月16日没)は、増築は行なわれていません。
創建当初の部屋の徹底的なリニューアル、スロープ等への耐震補強工事の実施、非常階段の設置など、改築/改装がメインとなっています。


スポンサーサイト
【2005/12/28 14:35 】 | 沢マンまめ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<沢田マンションの歴史 1970-80年代 | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sawaman.blog44.fc2.com/tb.php/41-5b621fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。